お薬&健康相談会+水耕栽培による新鮮野菜の朝市(第15回)

毎月第2水曜日午前8時30分からの「お薬&健康相談会+水耕栽培による新鮮野菜の朝市」。本日平成29年6月14日、第14回目を開催しました。

今回は、中学2年生のマイチャレンジで実習に来ている生徒さん(2名)も参加しての開催です。

まずは、植物工場で採れたレタスの販売から。

そして、お薬説明会では、薬剤師にそれぞれ質問をしていただきました。

A君は、
「薬局の中で、一番新しく仕入れた薬はなんですか?」
と質問。

それに対し、
「味覚障害の治療薬として承認されたノベルジンカプセルが、薬局として一番新しく仕入れた薬です」
と回答しました。

せっかくの機会なので、その薬のパンフレットを見ながら作用機序などの説明もしました。

続いてBさんは、
「薬はどのようなところで造られているのですか?」
と質問。

それに対し、
「薬は一般に製薬メーカーの工場で造られ、卸を通じて調剤薬局やドラッグストアなどに納められています。足利市にもある製薬メーカーの工場があります」
などと回答しました。

ふたりとも薬局の仕事に大変関心があるようなので、今日から3日間しっかりと学んでいただこうと思います。